プロジェクトのライフサイクル全体を通して効率を向上

統合コラボレーションプラットフォーム(ICP)により、プロジェクトチームを最初から連携させることができます。

単一の信頼できるの情報源とのシームレスなコラボレーション

建築と設計

設計レビューを簡略化

設計者が高度な BIM データと資料に簡単にアクセスしてレビューできるようにします。

人的エラーを最小限に抑制

問題を一元化してマークアップを期限をつけ、完了まで監理することで、より正確な最終成果を保証します。

リアルタイムのフィードバックを有効化

すべてのユーザーがリアルタイムで積極的に参加および貢献できるようにします。

建設

どこからでもアクセス

2D、3D、BIM データを一元化し、チーム間でバージョンを共有します。現場から事務所内、オンラインまたはオフライン、および任意のデバイスからの共同作業ができます。

信頼性の向上

変更をすばやく表示および監視します。課題やスタンプ(定義済みのタスク)を簡単に作成し、リアルタイムのダッシュボードにて進捗状況を追跡します。

使いやすいインターフェース

チームメンバーにユーザーフレンドリーなプラットフォームを提供し、スキルレベルに関係なく積極的に貢献できるようにします。

機械・電気設備(MEP)

知識の伝達を簡素化

ショットから BIM、建設まで、チーム間コラボレーションの文化を創造します。

ルーティン作業を最小化

チームメンバーが更新された設計に瞬時にリアルタイムでアクセスできるようにすることで、プロジェクトの進捗を改善すると共に変更要求を最小限に抑えます。

早期に干渉箇所を特定

より正確なデータとリアルタイムのモデル精度を確保することで、チームが干渉箇所を早期に特定できるようにします。

ファシリティ・マネジメント

現場でのメンテナンスを簡素化

データベースの高度なデータとモデルを活用し、現場での保守を簡単に指示し追跡できます

クライアントの満足度を向上

ファシリティ・マネジメントがプロジェクトをより正確に視覚化し、建物がクライアントの期待に確実にかなうようにします。

ファシリティ・マネジメントを強化

ファシリティ・マネジメントが重要なデータとモデルに簡単にアクセスできるようにすると共に情報のギャップを最小限に抑えます。

発注者

リアリティ・キャプチャー

効率的されたコミュニケーション

スキャンのやり取りを自動化し、従来であれば手作業で時間のかかるプロセスを排除します。

モデルとデータの並列ビュー

重要なデータをモデルと一緒に 1 つのビューで簡単に表示し、スキャンとメッシュを並べて表示します。

合理的な意思決定

データとモデルを状況に応じて関連付けることで、チームが迅速かつより自信を持って意思決定を行えるようにします。

オープンフォーマット

Open BIM

Open BIM 要件を利用および遵守しながら、プロジェクトで簡単に共同作業すると共にレポートを作成します

シンプルなデータ移行

技術蓄積全体のデータをあるシステムから別のへと簡単に移行します。

一元化されたレビュー

技術蓄積全体のモデルとデータを Revizto に接続し、一元管理とレビューを行います。